Top > 本当にあがり症ですか

本当にあがり症ですか

あがり症には何らかの原因があります。体質的に交感神経が影響を受けやすい方もいれば、精神的に興奮しやすい傾向にある方もいるでしょう。しかし、中には思い当たる要因も無いのに、あがり症の状態に陥る事もあるようです。これは極度の思い込みによって起こります。

あがり症の方は赤面や声の震えなどが過剰に起こりますが、人前で話したりするのは、大抵の方は程度こそあれ緊張するのが普通です。「あがってしまうに違いない」と思い込む事で落ち着きを無くしてしまう、いわば自己暗示に掛かる方もいます。

自己暗示は、さながら催眠術のように意識を変え、それほど緊張していないのにあがり症のようになってしまうようです。また、周りの環境にも左右されます。例えば発表会前などは参加者は緊張し、落ち着きを無くすものですが、その感情に影響を受けて自分も緊張してしまいます。

相手の緊張が自分に移るのです。これらの場合は、あがり症ではないと思う事で対応できるとされます。思い込みや周りからの影響に起因するのですから、落ち着いてスピーチしたりする自分の姿をイメージして、気分を切り替えるのも良いでしょう。

思い込みは強い暗示を与えます。気持ちを楽に保ち緊張をほぐしてみると、思い通りの振る舞いが出来るのではないでしょうか。

 

 中国の乳製品に混入していた有害物質メラミンとは
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
あがり症とトラウマ(2009年7月 2日)
あがり症のおまじない(2009年7月 2日)
本当にあがり症ですか(2009年7月 2日)
あがり症の社会人(2009年7月 2日)
あがり症の学生(2009年7月 2日)