Top > あがり症の学生

あがり症の学生

ここでは学生のあがり症について考えてみましょう。
あがり症は思春期に始める方が多いようです。人前で緊張する、顔が赤くなるといった事は精神が発達した為に起こり、意識が未発達な子供には起こらないとされます。

ある意味、精神的に成長し、大人になってきた証拠でもあるのですが、あがり症の方は症状が出る事に悩みを感じ、克服したいと願っています。

では、学生のあがり症についての実例を挙げてみましょう。国語や英語の時間などに教科書の朗読が上手く出来ない、学習発表会や文化祭の演劇などで声が震えてしまう、また、授業では優秀なのに、いざテストになると緊張して答えが浮かばなく、悪い点を採ってしまうなどがあります。

あがり症の学生で困る事には、入試や就職活動の際の面接もそうです。学生の時には周りから良く思われたい、一目置かれたいと考える気負いも強く、余計に緊張してしまうようです。

学生では、まだ社会経験も乏しく、適切な対応が取れないこともあり、一度の失敗の記憶がいつまでも消えず、そのままあがり症へと移行する場合もあるでしょう。
そんな学生の為に、学生相談室や保健室で対応してくれる学校もあります。社会経験を積む為にアルバイトをしたり、サークル活動をしてみるのも良い方法です。
自信を付け、経験を重ねる事で、あがり症も徐々に克服していく事が可能でしょう。

 

 住信SBIネット銀行の特徴  新生銀行の特徴  TOEICテストについて
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
あがり症とトラウマ(2009年7月 2日)
あがり症のおまじない(2009年7月 2日)
本当にあがり症ですか(2009年7月 2日)
あがり症の社会人(2009年7月 2日)
あがり症の学生(2009年7月 2日)